JavaScript・PHPのサンプルやWordPressのテーマ・無料フォント、アフィリエイトやブログの運営方法等の紹介

WordPressの引っ越しやバックアップに最適なプラグイン「All-in-One WP Migration」

この記事を簡単に書くと…

  • WordPressの引っ越しやバックアップ、テストサイトの構築が簡単にできる
  • プラグインの「All-in-One WP Migration」が最適
  • 512MBまでのインポートは無料。制限なしの場合には$69で有料版の購入が必要
ブログランキング・にほんブログ村へ

WordPressの引っ越しやバックアップに最適なプラグイン「All-in-One WP Migration」

WordPressでブログやサイトを構築していて「サーバーを引っ越し(移転)したい」「バックアップを取りたい」「テストサイトを構築したい」といったような時、どうしますか?

通常の静的なサイトであれば、FTPでデータを全てダウンロードすればバックアップできますし、新サーバーやテストサイトにファイルをアップロードすれば、引っ越しだって簡単にできてしまいますよね。ただ、WordPressとなると、データベースもあったりするので、そう簡単にはいきません。

以前、ファイルをFTPで丸ごとダウンロードして、データベースの内容をエクスポートしてから、新サーバーに同じようにアップロードすることで、引っ越しやバックアップをする方法を紹介しました。

>> ロリポップからエックスサーバーへのWordPressの移行(移転)の流れ

 

この方法でも良いのですが、少々手間だったり、エラーが出てしまったりすることもあり、結構大変な作業だったりします。そこで、もっと簡単に引っ越しやバックアップをする方法として、プラグイン「All-in-One WP Migration」を使ったやり方を紹介したいと思います。

このプラグインを使えば、簡単にサーバーの引っ越しやバックアップの他にも、簡単にWordPressのテスト環境を構築することも可能です。是非、覚えておくと便利かもしれませんね。

 

「All-in-One WP Migration」の使い方

WordPressのデータのエクスポート

まずは、引っ越し元となるWordPressの管理画面にログインして、プラグインの新規追加より「All-in-One WP Migration」プラグインをインストールして「有効化」します。

引っ越し元となるWordPressの管理画面にログインして、プラグインの新規追加より「All-in-One WP Migration」プラグインをインストールして「有効化」します

 

「All-in-One WP Migration」を有効化すると、左メニューに「All-in-One WP Migration」の項目が追加されますので、クリックします。すると「サイトをエクスポート」という画面が表示されますので、「エクスポート先」ボタンをクリックして「ファイル」をクリックします。これにより、WordPressのデータがファイルとして丸ごとダウンロード(エクスポート)できます。

「高度なオプション」では、「スパムコメント」や「リビジョン」をエクスポートしない、などのオプションを設定することができ、これによりエクスポートするファイルの容量を減らすことができます。というのも、無料でインポートできるファイルサイズが512MBまでに限られているので、もし超えてしまうような場合には、このオプションで調整することになります。参考までに、無制限にインポートできるようにしたい場合には、$69(約7,600円)かかります。

「サイトをエクスポート」という画面が表示されますので、「エクスポート先」のボタンをクリックして「ファイル」をクリックします。これにより、WordPressのデータがファイルとして丸ごとダウンロード(エクスポート)できます

 

WordPressのエクスポートの準備が完了すると「DOWNLOAD [ドメイン名]」というボタンが表示されますので、こちらのボタンをクリックすることで、ファイルのダウンロードが開始されます。ダウンロードが完了したら「閉じる」ボタンをクリックしましょう。これでファイルのエクスポートは完了です。パソコン側に「[ドメイン名]-[日付]-125730-181.wpress」というファイルがダウンロードされました。

WordPressのエクスポートの準備が完了すると「DOWNLOAD [ドメイン名]」というボタンが表示されますので、こちらのボタンをクリックすることで、ファイルのダウンロードが開始されます。ダウンロードが完了したら「閉じる」ボタンをクリック

 

エクスポートともにバックアップは完了

エクスポートの完了とともにバックアップも完了しています。左メニューの「All-in-One WP Migration」に「バックアップ」という項目もあるので、クリックしてみましょう。すると、さきほどエクスポートしたファイルが、サーバーにも保存されており、自動的にバックアップされているのが分かります。

エクスポートの完了とともにバックアップも完了しています。左メニューの「All-in-One WP Migration」に「バックアップ」という項目もあるので、クリックしてみましょう。すると、さきほどエクスポートしたファイルが、サーバーにも保存されており、自動的にバックアップされています

この「バックアップ」のページから、ファイルを再度ダウンロードしたり、バックアップデータからWordPressを復元することが可能です。また、このページからバックアップだけをすることもできます。

また、エクスポートをするたびに、自動的にバックアップされていきますので、ファイルが増えていきます。もしサーバーの容量が気になるようでしたら、このページからバックアップデータを削除して調整するようにしましょう。

 

引っ越し先またはテスト環境でインポート

今度はエクスポート(ダウンロード)したファイルを、引っ越し先やテストサイトでインポート(アップロード)します。まずは、引っ越し先やテストサイトのサーバーに、WordPressをインストールします。そして、さらに「All-in-One WP Migration」もインストールしたら「有効化」して、左メニューより「インポート」をクリックします。

すると「サイトのインポート」という画面が表示されますので、先ほどダウンロードした「[ドメイン名]-[日付]-125730-181.wpress」というファイルをドラッグ&ドロップするか、「インポート元」から「ファイル」をクリックして、インポート(アップロード)するファイルを選択します。

「サイトのインポート」という画面が表示されますので、先ほどダウンロードした「[ドメイン名]-[日付]-125730-181.wpress」というファイルをドラッグ&ドロップするか、「インポート元」から「ファイル」をクリックして、インポート(アップロード)するファイルを選択

 

するとファイルのインポート(アップロード)が開始されます。ファイルの容量やインターネット環境にもよりますが、こちらの作業は結構時間がかかります。パーセントが全く動かなくて心配になってしまうこともありますが、気長に待ってみましょう。

ファイルのインポート(アップロード)が開始されます。容量やインターネット環境にもよりますが、こちらの作業は結構時間がかかります。パーセントが全く動かなくて心配になってしまうこともありますが、気長に待ってみましょう

 

しばらくすると「インポートをするとデータが全て上書きされます。実行する前にバックアップを作成しておいてください」というようなメッセージが表示されますので、良ければ「開始」をクリックします。

しばらくすると「インポートをするとデータが全て上書きされます。実行する前にバックアップを作成しておいてください」というようなメッセージが表示されますので、良ければ「開始」をクリックします

 

すると、インポートが開始され、正常にインポートが完了すると「データを正常にインポートしました」というメッセージが表示されます。最後に「パーマリンク設定」のみ、現行のサイトと合わせて変更したら、インポートの完了です。ウィンドウの「Permalinks Setting」をクリックすると「パーマリンク設定が開きます」

インポートが開始され、正常にインポートが完了すると「データを正常にインポートしました」というメッセージが表示されます。最後に「パーマリンク設定」のみ、現行のサイトと合わせて変更したら、インポートの完了です。ウィンドウの「Permalinks Setting」をクリックすると「パーマリンク設定が開きます」

もし、途中に「データベースの更新」を促すようなメッセージが表示されたら、「データベースの更新」もする必要があります。他にも、WordPressのURLとサイトのURLが異なるような場合には、設定を揃える必要もあります。

 

まとめ

このように、ボタンを数回クリックするだけで、簡単にWordPressの引っ越しやバックアップ、テスト環境の構築ができてしまいます。とはいえ、サーバーの引っ越しの場合には、ドメインの設定変更などもしなければならない為、プラグインだけでは済まない点もありますね。

また、テストサイトの構築の際には、WordPressのバージョンを揃える必要があったり、PHPのバージョンやMySQLのバージョンも揃える必要があるかと思います。「All-in-One WP Migration」だけでは、設定できない部分もありますので、適時調整が必要になるかと思います。

とはいえ、このようなツールがあることをしておけば、作業時間の短縮にも繋がりますので、覚えておいて損はないのではないでしょうか。

・All-in-One WP Migration(WordPress.org 公式サイト)
https://ja.wordpress.org/plugins/all-in-one-wp-migration/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Follow us on Twitter Subscribe RSS Follow us in feedly
NATURAL PRESS

このサイトについて

JavaScript・PHPのサンプルや参考リンク、WEBサイト(ホームページ)で使えるアイコンや写真等の素材をダウンロード出来ます。

他にも、無料で使えるブロガーやアフィリエイター向けの、WordPressマガジンテーマ「NATURAL PRESS」を公開しています。ダウンロードや更新情報は、こちらのサイトで公開しています。

また、「WEB上手」は全ページリンクフリーですのでご自由にリンクしていただけます。リンクしていただけますと嬉しいです。

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com