JavaScript・PHPのサンプルやWordPressのテーマ・無料フォント、アフィリエイトやブログの運営方法等の紹介

Windows 10のアップデートで電卓が消えてしまった場合の対処法


Windows 10のアップデートで電卓が消えてしまった場合の対処法

私はWindows 10を使っているのですが、いつからかWindows標準の「電卓」アプリがなくなってしまいました。何気にちょこちょこと使うので、「スタート画面にピン留め」していたのですが、そこも空白になっています。もしかすると、Windowsのアップデートの際に消えてしまったのかもしれません。

最近(2016年4月付近)まで使っていたので、この1~2ヶ月の間に消えてしまった可能性があります。そこで、スタートメニューの「すべてのアプリ」から、電卓アプリを開こうと思ったのですが、見つかりません。「すべてのアプリ」からも消えてしまっています。

パソコンの中には残っていました

Windowsアップデート時に「電卓」アプリが消されてしまったのなら、MicroSoftのストアからインストールできるかもしれません。そこで電卓を検索してみると。。。 「Windows 電卓」はインストール済みと表示されています。そこから「開く」をクリックしてみると、「電卓」アプリが開きました。

それとは別に、キーボードの「Windowsのロゴマーク」と「R」キーを押すと、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが開きます。ここで、名前を指定して実行することができます。電卓アプリは「calc.exe」という実行ファイルになります。そこで、名前の項目に「calc」と入力してOKをクリックしてみます。すると、電卓が開きました!

良かったです。
まだ、パソコンのどこかに「電卓」アプリは残っているようです。

フォルダを開いて無事に電卓のショートカットを作成

それでは、どこに存在しているのか。
アプリを開いただけでは、ショートカットの作成や「スタート画面にピン留め」ができません。

そこで、エクスプローラーを開き、PC内で「calc」を検索してみると。。。
なんと「C:\Windows\WinSxS\」の中にありました!

フォルダ名は「x86_microsoft-windows-calc_31bf3856ad364e35_10.0.10586.0…」となっています。どうやら「build 10.0.10586」の更新の際に、こちらに移動されてしまったようですね。

「build 10.0.10586」は2015年11月のアップデートでしたが、更新に失敗してしまっていたので、最近までアップデートしていませんでした。そして4月頃に無事にアップデートが成功したのだと思います。その際に消えていたのですね。

こちらのフォルダを開くと「calc.exe」が入っています。
ファイルを右クリックして「スタート画面にピン留め」をクリックすることで、スタート画面に無事に表示されるようになりました。もっと使うなら「タスクバーにピン留め」しても良いかもしれませんね。

必要ならば念のため「Program Files」にコピーを

なぜ、電卓は消されてしまったのか。
Googleで検索しても、特に「電卓アプリが消えてしまった」という情報が見つからなかったので、私のパソコンだけなのでしょうか。

とりあえず、怖いので、「電卓」アプリを「Program Files」の中にコピーしておきました。電卓は何気に使うので便利なんですよね(^^; まぁ、なくなってしまったら、別の電卓アプリを探して、インストールすれば良いだけの話なのですが。。。

関連記事


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Follow us on Twitter Subscribe RSS Follow us in feedly
NATURAL PRESS

関連リンク

このサイトについて

JavaScript・PHPのサンプルや参考リンク、WEBサイト(ホームページ)で使えるアイコンや写真等の素材をダウンロード出来ます。

他にも、無料で使えるブロガーやアフィリエイター向けの、WordPressマガジンテーマ「NATURAL PRESS」を公開しています。ダウンロードや更新情報は、こちらのサイトで公開しています。

また、「WEB上手」は全ページリンクフリーですのでご自由にリンクしていただけます。リンクしていただけますと嬉しいです。

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com