JavaScript・PHP・Vue.jsのサンプルやWordPressのテーマ・無料フォント、ブログの運営方法等の紹介

【詐欺メールに注意】お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/09/07に更新を迎えます

この記事を簡単に書くと…

  • Amazonからプライム会員の更新ができない旨の通知が届く
  • 「お客様のAmazonプライム会員資格は、〇〇に更新を迎えます」
  • アクセス先のサイトも、メールの送信元も偽物の詐欺メール
ブログランキング・にほんブログ村へ

【詐欺メールに注意】お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/09/07に更新を迎えます

Amazonからこんなメールが届きました。
お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/09/07に更新を迎えます。〇〇@〇〇.com

中身を読んでみると、Amazonプライム会員の資格が2019/09/07に更新を迎えるとのこと。会費の支払いに有効なクレジットカードが登録されていないので、「支払い情報の更新をする」というボタンをクリックして、カード情報を更新してください、と書かれています。

でも、ボタンはクリックしないでください。
これはフィッシング詐欺メールになります。知らずに上記のボタンをクリックすると、Amazonにそっくりなサイトにアクセスされ、Amazonのログイン情報やカード情報を入力させられ、個人情報を盗まれてしまいます。

 

Amazonプライムの更新を騙る詐欺メールの内容

今回の、詐欺メールはとても巧妙なものになります。
他の詐欺メールでは、日本語におかしい部分があったり、怪しい添付ファイルがついていたりするのですが、こちらのメールではそういったものはありませんでした。メールの中身は以下のような文面になっています。

〇〇@〇〇.com 様

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/09/07に更新を迎えます。お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。クレジットカード情報の更新、新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認ください。
 1. アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
 2. Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカウントを使用してサインインします。
 3. 左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
 4. 有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してください。

Amazonプライムを継続してご利用いただくために、会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できない場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。会費の請求が出来ない場合は、お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、特典をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

「お客様のAmazonプライム会員資格は、2019/09/07に更新を迎えます。〇〇@〇〇.com」

メールに怪しい部分はなく、むしろ丁寧に、更新の手順が説明されています。「支払い情報の更新をする」ボタンをクリックすると、以下のようなAmazonにそっくりなサイトにアクセスされます。

「支払い情報の更新をする」ボタンをクリックすると、以下のようなAmazonにそっくりなサイトにアクセスされます。

本物のAmazonのログイン画面そのままですよね。。。

 

Amazonの偽メールの見分け方

ただ、やはりとても巧妙な詐欺メールでも、見分け方があります。
「支払い情報の更新をする」ボタンにマウスを乗せるとリンク先が表示されるのですが、リンク先はAmazonの正式なURL「https://www.amazon.co.jp」ではなく「https://amoazea〇〇〇jp.com」になっています。

また、メールの発信者も、表示上は「Amazon.co.jp」となっていますが、マウスを重ねてメールアドレスの確認をすると「admin@a3.amaze〇〇〇co29.jp」となっており、明らかにAmazonのメールアドレスではないところから送信されています。

とはいえ、スマホで見ているとリンク先なんて表示されませんし、こんな細かいところまでは気が付きにくいですよね。。。

もし、このようなメールが届いたら、メールに書かれているボタンをクリックしたり、電話番号にお問い合わせをするのではなく、自分でWEBで検索したり、お気に入りなど(ブックマーク)からAmazonにログインをし、確認をしたり、お問い合わせをしたりしましょう。

Amazonの公式サイトにも、このような詐欺メールの見分け方、として注意喚起がなされています。

・Amazon.co.jpからの連絡とフィッシングの見分け方について(Amazon 公式サイト)
https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=201909120

 

まとめ

今回の詐欺メールは、日本語もおかしいところはなく、訪問先のサイトもAmazonのログイン画面がそのままだったので、かなり巧妙なものでした。

他にも、偽のAppleや楽天からも、以下のような詐欺メールが届いたりするので、注意してください!

>> 【詐欺メールに注意】「Re:[疑わしい活動] 〇年〇月〇日、最新のログインアクティビティ」

>> 【詐欺メールに注意】「あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください。」

>> 【詐欺メールに注意】楽天カードの「カード利用のお知らせ」

>> 「クレジットカード決済が完了しました」などの詐欺メールに注意

この記事をSNSでシェアする

関連記事

  1. 宮崎清 より:

    詐欺mailとは知らずに、引っかかってしまいました。
    address、パスワードなどを知らせてしまいました。
    どのようにしたらよいでしょうか。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Follow us on Twitter Subscribe RSS Follow us in feedly
NATURAL PRESS

このサイトについて

JavaScript・PHP・Vue.jsのサンプルや参考リンク、WEBサイト(ホームページ)で使えるアイコンや写真等の素材をダウンロード出来ます。

他にも、無料で使えるブロガーやアフィリエイター向けの、WordPressマガジンテーマ「NATURAL PRESS」を公開しています。ダウンロードや更新情報は、こちらのサイトで公開しています。

また、「WEB上手」は全ページリンクフリーですのでご自由にリンクしていただけます。リンクしていただけますと嬉しいです。

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com