JavaScript・PHPのサンプルやWordPressのテーマ・無料フォント、アフィリエイトやブログの運営方法等の紹介

「HEIF(ヒーフ)」のブラウザやPhotoshop等の対応状況は?

この記事を簡単に書くと…

  • HEIFはJPEGよりも綺麗な画質で容量も小さくできる次世代のファイル形式
  • iOS11からHEIFに対応しており、iPhone 7以降のカメラの保存形式はHEIF
  • ブラウザやPhotoshopではライセンス料の問題から、なかなか普及せず
ブログランキング・にほんブログ村へ

「HEIF(ヒーフ)」のブラウザやPhotoshop等の対応状況は?

Windows 10やAndroid 9(Pie)も、いよいよ「HEIF(ヒーフ)」に対応しますね。iOS 11では既に「HEIF」に対応している為、今後、ライセンス次第にはなりますが、普及が加速することが予測されます。

一気にJPEGからHEIFに置き換わることはないとは思いますが、少しずつ置き換わっていくことも考えられます。そこで、ブラウザやPhotoshopなどの画像編集ソフトのHEIFの対応状況を調べてみました。

 

「HEIF(ヒーフ)」とは

HEIFとは「High Efficiency Image File」の略で、直訳すれば「高効率画像ファイル」になります。その名の通り、効率よく圧縮することで、高画質のまま画像の容量を小さくできる画像形式になります。その為、今後JPEGに代わって普及するかもしれない、とも言われています。

実際に私もHEIFとJPEGの写真の画質の違いを見比べてみましたが、同じサイズの写真でもHEIFの方が輪郭が滑らかに表現されていました。JPEG独特の、輪郭の(モザイクのような)パキパキとした感じがなくなっています。かといって、ぼやけているわけでもないのがすごいところでした。

このように写真を高画質のまま圧縮することができるので、今までのJPEGで保存するよりも、容量が半分近くになるのが特長です。iPhone 7やiPhone Xでは、すでにカメラで撮影した写真はHEIF(拡張子はHEIC)で保存されている為、今までよりもファイル容量が小さくなっています。

・HEIFの画質の比較(Nokia 公式サイト)
http://nokiatech.github.io/heif/comparison.html

 

iPhone 7以降のカメラで撮影される写真の形式はHEIF

iPhone 7以降のカメラで撮影される写真の形式はHEIF

このように今後発売される最新のiPhoneでは、写真の保存形式はHEIF(HEIC)に置き換わっていくかと思われます。ちなみに、他のHEIFに対応していないiPhoneやAndroidスマホ、パソコンなどに写真を転送する際には、自動でJPEG形式に変換されて写真は保存されるようになっています。

初めから今までのJPEG形式で保存するには、カメラの設定を変更する必要があります。iPhoneの「設定」から「カメラ」をタップします。「フォーマット」の項目をタップし、「互換性優先」をタップすることで、カメラで撮影する写真は今までの標準のJPEG形式で保存されるようになります。

 

HEIFのブラウザの対応状況

このようにHEIFで保存することで、写真のファイルサイズを小さくすることができます。そうなると、まさにWEB(ホームページ)には最適な写真の形式になりますよね。ということで、WEBを閲覧するためのブラウザのHEIFの対応状況はどうなっているのでしょうか。

Safari 「×」(2018年8月19日 現在)

iPhoneがiOS 11からHEIFに対応しているということで、iPhoneで使われているブラウザの「Safari」では対応している。。。と思ったら、まだ未対応でした

Google Chrome 「×」(2018年8月19日 現在)

それでは、Android 9からHEIFに対応するということで「Google Chrome」はどうでしょうか。調べたところAndroid 9に搭載されている「Google Chrome」でのHEIFの対応状況は不明(未対応)でした。分かり次第、このページで掲載するようにいたします。

Edge 「×」(2018年8月19日 現在)

次は、Windows 10の「Edge」はどうでしょうか。
Windows 10でもHEIFがサポートされるということもあって「Edge」でのHEIFの対応が気になるところですが、そちらもまだ不明(未対応)な状態でした。

Firefox、Opera 「×」(2018年8月19日 現在)

そして、FirefoxやOperaも、まだ未対応のようですね。。。
こうしてブラウザでの対応状況は全滅ということになりました。まだまだHEIFのWEBでの普及の道のりは遠いですね。

 

Photoshop CCではHEIFに対応(Mac版のみ?)

Photoshop CCではHeifに対応(Mac版のみ?)

写真の編集ソフトで有名なAdobe Photoshopでは、2018年10月にリリースされた、最新のPhotoshop CC(バージョン 19.x)でHEIFに対応しています。

・Photoshop 新機能(Adobe 公式サイト)
https://www.adobe.com/jp/products/photoshop/features.html

 

ただ、Windows版のPhotoshop CCでは、(HEVCの)ライセンス料の高さからHEIFには対応していない、という記事を発見いたしました。

・Photoshop CC 2018がリリースされた(記憶は人なり)
https://wave.hatenablog.com/entry/2017/10/21/081500

 

私はPhotoshop CS4を利用している為、実際には試せていないのですが、そのうち機会があれば、体験版などで試してみたいと思います。

 

まとめ

Photoshopでも問題になっていましたが、拡張子がHEICの画像はHEVCでエンコードされています。このHEVCのライセンス料の高さの問題によって「なかなかHEICが普及しない」ということもあるようです。iOSやAndroid、Windowsなどの主要なOSでHEIFがサポートされるということで、今後のWEBへの普及の動向もきになりますね。

・HEIF(Nokia 公式サイト)
http://nokiatech.github.io/heif/

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Follow us on Twitter Subscribe RSS Follow us in feedly
NATURAL PRESS

このサイトについて

JavaScript・PHPのサンプルや参考リンク、WEBサイト(ホームページ)で使えるアイコンや写真等の素材をダウンロード出来ます。

他にも、無料で使えるブロガーやアフィリエイター向けの、WordPressマガジンテーマ「NATURAL PRESS」を公開しています。ダウンロードや更新情報は、こちらのサイトで公開しています。

また、「WEB上手」は全ページリンクフリーですのでご自由にリンクしていただけます。リンクしていただけますと嬉しいです。

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com