JavaScript・PHP・Vue.jsのサンプルやWordPressのテーマ・無料フォント、ブログの運営方法等の紹介

DNSが浸透するまで強制的に8.8.8.8に切り替えて動作確認する方法

この記事を簡単に書くと…

  • ネームサーバーを切り替えてから数時間経っても反映されないことがある
  • パソコンとルーターのキャッシュを削除してみる
  • DNSの設定を「8.8.8.8」にすることで浸透の早いサーバーを参照
ブログランキング・にほんブログ村へ

DNSが浸透するまで強制的に8.8.8.8に切り替えて動作確認する方法

サーバーを移行する際には、ネームサーバー(DNS)の切り替えが必要になります。切り替えた後、早いところでは1時間程度で新しいサーバーに切り替わって、新しいWEBサイトが表示されるようになるのですが、プロバイダによっては1日程度経たないと切り替わらないところもあります。

完全に浸透して落ち着くまでには、通常は2~3日かかると言われています。
ただ、DNSを切り替えてからでないと作業できないことや、動作確認などしたいこともあるかと思います。そんな時に、DNSの浸透が比較的早い8.8.8.8(Google Public DNS)を使うことで、新しいWEBサイトを参照できるようになります。

今回はその手順を紹介します。

 

まずはルーターとパソコンのキャッシュを削除

その前に、パソコン側やルーターのキャッシュで、DNSの切り替えが反映されていない場合もあるので、一度キャッシュを削除してみましょう。まずはルーターですが、電源ボタンがあれば、一度OFFにしてから、再度電源を入れてリセットしてみましょう。

電源ボタンがない場合には、コンセントの抜き差しでリセットされます。IPアドレスが動的の場合には、IPアドレスが変わるので、何かの設定でIPアドレスを指定している場合には注意が必要です。

次にパソコン側のキャッシュのクリアの手順です。
スタートメニューをクリックして、「検索」をクリックします。

次にパソコン側のキャッシュのクリアの手順です。 スタートメニューをクリックして、「検索」をクリックします。

 

検索ボックスに「cmd」と入力して検索をします。

検索ボックスに「cmd」と入力して検索をします。

 

するとコマンドプロンプトが立ち上がるので、「ipconfig /flushdns」と入力して、キーボードのEnterを押しましょう。

するとコマンドプロンプトが立ち上がるので、「ipconfig /flushdns」と入力して、キーボードのEnterを押しましょう。

 

「DNS リゾルバー キャッシュは正常にフラッシュされました」と表示されたら、クリアの完了です。念のためブラウザを再起動してから、WEBサイトを確認してみましょう。新しいサイトが表示されれば、キャッシュが原因だったことになります。

それでも新しいWEBサイトに切り替わらない場合には、パソコンのDNS設定を8.8.8.8にしてみましょう。

 

パソコンのDNS設定を「8.8.8.8」に切り替える

まずは画面左下にある「スタートメニュー(Windowsのロゴマーク)」をクリックして、開いたメニューから「設定(歯車アイコン)」をクリックします。

まずは画面左下にある「スタートメニュー(Windowsのロゴマーク)」をクリックして、開いたメニューから「設定(歯車アイコン)」をクリックします。

 

設定のウィンドウが開くので「ネットワークとインターネット」をクリックします。

設定のウィンドウが開くので「ネットワークとインターネット」をクリックします。

 

ネットワーク設定の変更の項目にある「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。

ネットワーク設定の変更の項目にある「アダプターのオプションを変更する」をクリックします。

 

対象のネットワークを右クリックして「オプション」をクリックします。対象のネットワークとは、例えば「ローカルエリアネットワーク」や「Wi-Fi」、「ワイヤレスネットワーク」になります。

対象のネットワークを右クリックして「オプション」をクリックします。対象のネットワークとは、例えば「ローカルエリアネットワーク」や「Wi-Fi」、「ワイヤレスネットワーク」になります。

 

「この接続は次の項目を使用します」の中にある「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」を選択して「プロパティ」をクリックします。

「この接続は次の項目を使用します」の中にある「インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)」を選択して「プロパティ」をクリックします。

 

「次のDNSサーバーのアドレスを使う」に切り替え、アドレスに「8.8.8.8」と入力します。そして「OK」をクリックしたら、今まで開いた設定のウィンドウは閉じて大丈夫です。これで、DNSの設定は完了です。

「次のDNSサーバーのアドレスを使う」に切り替え、アドレスに「8.8.8.8」と入力します。そして「OK」をクリックしたら、今まで開いた設定のウィンドウは閉じて大丈夫です。これで、DNSの設定は完了です。

 

最後にパソコンのキャッシュをクリアしましょう。
先ほど説明した手順の通り、コマンドプロンプトを開いて「ipconfig /flushdns」と入力して実行すれば、クリアの完了です。

するとコマンドプロンプトが立ち上がるので、「ipconfig /flushdns」と入力して、キーボードのEnterを押しましょう。

 

念のためブラウザを再起動してから、WEBサイトを確認してみましょう。これで新しいWEBサイトが表示されるようになるはずです。それでも切り替わらない場合には、1時間くらい待ってから確認すると、反映されている可能性があります。

 

まとめ

プロバイダによって浸透の速度は異なります。早く新しいWEBサイトを確認する必要がある場合には、DNS設定の変更で対応するようにしましょう。

また、切り替えたDNS設定(8.8.8.8)は、そのままでも大丈夫ですが、元の設定「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」に戻しておくことをおすすめします。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Follow us on Twitter Subscribe RSS Follow us in feedly
NATURAL PRESS

このサイトについて

JavaScript・PHP・Vue.jsのサンプルや参考リンク、WEBサイト(ホームページ)で使えるアイコンや写真等の素材をダウンロード出来ます。

他にも、無料で使えるブロガーやアフィリエイター向けの、WordPressマガジンテーマ「NATURAL PRESS」を公開しています。ダウンロードや更新情報は、こちらのサイトで公開しています。

また、「WEB上手」は全ページリンクフリーですのでご自由にリンクしていただけます。リンクしていただけますと嬉しいです。

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com