JavaScript・PHP・Vue.jsのサンプルやWordPressのテーマ・無料フォント、ブログの運営方法等の紹介

Android スマホで明朝体を表示させたい場合の対処法

この記事を簡単に書くと…

  • Android スマホには明朝体のフォントが搭載されていない為表示できない
  • WEBフォントのGoogle Fontsなら無料で日本語フォントを使える
  • 「Noto Serif JP」を読み込むことでAndroid スマホで明朝体の表示が可能に
ブログランキング・にほんブログ村へ

Android スマホで明朝体を表示させたい場合の対処法

Andorid スマホには、以前から明朝体のフォントがインストールされていません。その為、font-familyで「serif」などの明朝体フォントを指定しても、ゴシック体で表示されてしまいます。

パソコン版では、明朝体で綺麗に表示されているのに、スマホで閲覧する場合にはゴシック体で表示されてしまうと、せっかくのサイトの雰囲気が台無しになってしまいますよね。。。 そこでAndorid スマホでも明朝体で表示されるようにする方法をご紹介します。

 

Google Fontsが無料で使えて便利

Android スマホで明朝体を表示させたい場合には「WEBフォント」を使いましょう。アルファベットや数字だけをセリフ体(明朝体)にしたいだけであれば、サーバー用のフォントを用意して、サーバーに配置しておけば、一番手軽なのですが、日本語の明朝体の場合、ファイルの容量が大きい為、そういうわけにはいきません。

そこで以前紹介した、無料で使えるGoogleのWEBフォントがおすすめです。

>> 「ヒラギノ角ゴ」にソックリ!無料で使えるOpen Type フォント「Noto Sans JP」

 

今回は明朝体のフォントを使いたいので、「Noto Serif JP」を使います。まずは、以下のURLよりGoogle Fontsの日本語フォントのページへアクセスしましょう。

・Google Fonts(公式サイト)
https://fonts.google.com/?subset=japanese

明朝体としては、他にも「Sawarabi Mincho」を使うことが出来るのですが、今回は「Noto Serif JP」を使う場合で紹介します。「Noto Serif JP」の右横に「+(追加)」アイコンがありますのでクリックします。

「Noto Serif JP」の右横に「+(追加)」アイコンがありますのでクリックします。

 

すると画面下の方に「1 Family Selected」という黒い枠が表示されますので、こちらをクリックします。

すると画面下の方に「1 Family Selected」という黒い枠が表示されますので、こちらをクリックします。

 

こちらには、HTMLに貼り付けるためのソースなどが表示されているのですが、日本語のフォントを使う場合、これだけでは足りません。さらに「CUSTOMIZE」ボタンをクリックします。

こちらには、HTMLに貼り付けるためのソースなどが表示されているのですが、日本語のフォントを使う場合、これだけでは足りません。さらに「CUSTOMIZE」をクリックします。

 

カスタマイズの画面では、フォントファミリーも追加することが可能です。(書体によって異なります)もし、細い書体や太い書体を使いたい場合には、チェックを入れることで、書体が追加されるようになります。

ただ、その分読み込まれるファイル容量が多くなってしまうので、極力使わないものにはチェックを入れないことをおすすめします。そして、一番重要なのが「Languages」の項目の「Japanese」にチェックを入れることです。

そして、一番重要なのが「Languages」の項目の「Japanese」にチェックを入れることです。

 

これで準備は完了です。
EMBED」のボタンをクリックしてソースが表示されている画面まで戻りましょう。「STANDARD」の項目に書かれているlinkタグを、HTMLのhead内に記述して、明朝体を表示させたいフォントのCSSに「Noto Serif JP」を指定してあげればOKです。

「EMBED」のボタンをクリックしてソースが表示されている画面まで戻りましょう。「STANDARD」の項目に書かれているlinkタグを、head内に記述して、明朝体を表示させたいフォントのCSSに「Noto Serif JP」を指定してあげればOKです。

 

HTMLへの記述例

明朝体を表示させたいWEBサイトのHEAD内に<link>で読み込むか、CSS内にimportさせることで、「Noto Serif JP」を読み込みます。記述としては以下のようになります。

@import url(‘https://fonts.googleapis.com/css?family=Noto+Serif+JP&display=swap&subset=japanese’);

または

<link href=”https://fonts.googleapis.com/css?family=Noto+Serif+JP&display=swap&subset=japanese” rel=”stylesheet”>

 

そして、フォントを適用させたい箇所にCSSで以下のように記述してあげます。

font-family: ‘Noto Serif JP’, serif;

 

まとめ

これでAndroid スマホでも明朝体を表示させることが出来るようになるのですが、やはりWEBフォントですので、読み込みは気になるところです。(Googleの技術により、読み込みは最小限になっているようです。)

近い将来、Android スマホにも「Noto Serif JP」を標準で搭載してくれると良いのですね。

この記事をSNSでシェアする

関連記事

    関連記事はありません。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Follow us on Twitter Subscribe RSS Follow us in feedly
NATURAL PRESS

このサイトについて

JavaScript・PHP・Vue.jsのサンプルや参考リンク、WEBサイト(ホームページ)で使えるアイコンや写真等の素材をダウンロード出来ます。

他にも、無料で使えるブロガーやアフィリエイター向けの、WordPressマガジンテーマ「NATURAL PRESS」を公開しています。ダウンロードや更新情報は、こちらのサイトで公開しています。

また、「WEB上手」は全ページリンクフリーですのでご自由にリンクしていただけます。リンクしていただけますと嬉しいです。

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com